「もしかして、水虫?」そんな風に不安になった経験はありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてる…少しだからと放っておくと大変なことになりますよ。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

水虫といえばお父さんのイメージの理由

水虫といえばお父さんがなる皮膚病というイメージが定着しています。なぜ、女性より男性、しかも中年男性に多いというイメージがあるのでしょう?そもそも、水虫は白癬菌という真菌が、皮膚に感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。皮膚の上部分にある角質層に感染する事で症状が現れます。一般的に強い痒みや、皮膚のめくれやジュクジュク感、小さな水疱ができる、足の臭いが強くなるといった症状が現れます。この他にもかかとの角質が厚くなるといった、症状を引き起こす水虫もあるようです。白癬菌は温度と湿度が高い場所を好む傾向にあります。おとうさん世代は仕事で長い時間、靴を履いている事が多いので、特にありが蒸れやすくなっているでしょう。蒸れている靴を長時間履き続けている事によって、白癬菌に感染しやすくなってしまうのです。ただ、白癬菌は皮膚に付着したからといって、すぐに角質層にまで到達するという事はありません。基本、1日に1回しっかり洗い流す事によって、白癬菌の感染を予防できます。しかし、おとうさん世代は仕事で疲れて帰宅し、ゆっくりお風呂に入れない、付き合いでお酒を飲み酔っぱらって足の裏をキレイに洗い流さないという事があるでしょう。このような状況が続けば続くほど、白癬菌に感染するリスクが高まるのです。白癬菌は皮膚に感染するので、男性だけでなく女性も、もちろん感染します。女性の場合は毎日お風呂に入る方がほとんどですので、男性に比べ水虫になりにくいと考えられます。もし、水虫になってしまったとしても、皮膚科での治療によって完治する事が可能です。治療では白癬菌を死滅させる、抗真菌薬治療が行われます。治療は早ければ早い程、治りも早まるので症状を感じたら皮膚科を受診しましょう。

気をつけたい、冬に水虫が増える理由

水虫は白癬菌というカビの1種に感染する事で発症します。白癬菌は温度と湿度が高い場所だと、活動が活発になります。ですので、梅雨から夏の時期に発症しやすいと言われていました。しかし最近は高温多湿となる季節だけでなく、空気が乾燥する冬も感染者数を伸ばしているのです。なぜ、冬に水虫が増えるのでしょう?女性の場合、理由の1つとして「ブーツ」が挙げられます。もやは冬のファッションに欠かせないブーツですが、ブーツは他の靴と比較するとかなり蒸れやすく、白癬菌に感染しやすい環境です。しかも、毎日同じブーツを履いて出かけてしまうと、ブーツ内の湿気が完全に取りきれず、ますます水虫になってしまいやすいのです。ブーツは同じものを履き続けるのではなく、1度履いたら3日間は乾燥させるといった対処を行いましょう。また、タイツなど化学繊維で作られた靴下などは、湿気がこもりやすいので水虫になりやすいと言われています。ブーツを履くという時は通気性の良い、綿の靴下がお勧めです。この他にも冬の風物詩、温泉も白癬菌に感染する危険性が大です。温泉施設は様々な方が利用します。その中に、もし水虫患者の方がいたとした場合、白癬菌をまき散らしている恐れがあるのです。
白癬菌は角質層に感染しています。角質等は古くなるとターンオーバーという作用によって、古い垢として自然に剥がれ落ちます。ですので、水虫患者から剥がれ落ちた角質には、多くの白癬菌が含まれているのです。温泉施設は裸足になる機会も多く、またスリッパやマットなどを共有する為、より白癬菌に感染しやすい場所と言えます。冬になり温泉に入る方が増加する事と比例して、水虫患者も増えると考えられます。

水虫の治療方法、病院と通販薬局

水虫というのは、一度感染してしまうと生涯治癒できないものという扱いがされてきました。しかし、治癒できないというのは誤りで、正確な治療方法を講じることで、完治させることができます。治癒させられるからこそ、初期症状において、行う治療が重要になります。そもそも、水虫というのは、真菌が原因となり生じる皮膚病です。原因菌は、目に見えないほどの小さな物質なので、対処することはできません。こうした原因菌は、白癬菌と呼ばれるものですが、付着したからといって、すぐに水虫になるというわけではありません。何度も白癬菌に触れたり、高温多湿の状況下で触れることにより、水虫となります。感染しやすいのは、感染者が歩いた後の床を素足で歩いたり、長い時間同一の靴下や靴、スリッパなどを履き続けることです。最も菌が活発に動くようになるのは、温度が15度以上で湿度が70%以上の環境下です。菌が付着してから、長期間が経過すると、症状が悪化していきます。水虫の特徴として、気付いた頃には手遅れになっているということが挙げられます。まずは、痒みにより異変を感じるようになり、全く対策を講じずに過ごしていると、皮が剥けたり水ぶくれが起こります。水虫により、痒みが引き起こされるのは、真皮の血管や神経が過剰に刺激されることが要因です。痒みの症状が進行すると、常に真皮の血管と神経が刺激を受けている状態になります。このような刺激が長く続くと、後に3ミリ程度の小さな水ぶくれが、足の裏や側面などに確認できるようになります。基本的には、3ミリ程度から大きくなることはないものの、時折大きくなってしまうこともあるので、注意深く観察する必要があります。