「もしかして、水虫?」そんな風に不安になった経験はありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてる…少しだからと放っておくと大変なことになりますよ。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

体質によって水虫になりやすい?外用薬の使い方

足の裏や指の間が痒くなる、また皮膚がジュクジュクとただれる、剥ける、小さな水泡ができるといった症状が現れた場合、水虫を発症しているかもしれません。

水虫を発症すると、かなり辛い症状を引き起こします。
できるだけ、発症したくない皮膚病ですが、実は日本で5人に1人は経験者というデータがある程、水虫は日本人にとって身近な皮膚病なのです。
水虫は白癬菌という真菌、カビの仲間に感染する事で引き起こされます。
日本人は裸足で生活する習慣がある為、白癬菌に感染しやすい環境という事もあり患者数が多いと考えられます。
また、体質によっても感染しやすくなるケースがあるので注意しましょう。

白癬菌は湿度の高い場所を好む傾向にあります。
ですので、足の裏に汗をかきやすいという体質の場合、靴の中が蒸れやすくなり白癬菌に感染しやすいのです。
このような体質の場合は、こまめに靴下を変える・コットン製など通気性の高い靴下を履くといった予防を行いましょう。

もし、白癬菌に感染してしまったら、皮膚科で治療を行います。
皮膚科では抗真菌作用のある、外用薬での治療が一般的です。
外用薬の使い方ですが、1日1回塗るのが基本です。
入浴後、患部を清潔にしてから外用薬を塗ります。

塗る際は症状が出ている部位だけでなく、その周りも広範囲に外用薬を塗りましょう。
白癬菌は症状が出ている部分だけでなく、何も症状が無い部分にも潜んでいます。
その部分に外用薬を塗らずにいると、一向に白癬菌を除菌する事ができません。
ですので、広範囲に外用薬を塗る事が有効な使い方です。

使い方を間違えずに根気よく治療を続ければ、水虫は完治できる皮膚病です。
水虫かな?と思ったら、まずは皮膚科を受診して白癬菌に感染していないか、検査を受ける事から始めてみましょう。